臨床心理士は研究の必要性から図書館探訪は欠かせない

臨床心理士は心理学に関する幅広い学識が必要になるため、
図書館探訪は欠かせません。
臨床心理士がよく利用する図書館は市町村などの自治体が運営している
公立図書館や、出身大学の図書館が多いです。
首都圏に在住されている方は国立国会図書館を利用する場合があります。
世界各国の臨床心理士は世界の図書館を利用しており、
学識を深めています。
最近はインターネットの普及によって、インターネットで蔵書検索をする
ケースが増えており、読みたい本を探して貸出予約を行っています。
学会で紹介された書籍もオンライン検索で探すことができ、
大変便利になっています。
インターネットを活用することによって、図書館の効率的な利用が
可能になっており、心理学の研究に大いに役立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です