文京区の社労士がお気に入りの図書館

社労士という職業は名前からして固そうな雰囲気がありますが、自分の知っている文京区の社労士はその印象そのままに、物静かで勉強を好む人です。
仕事が休みのときには、静かな図書館で過ごすのがお気に入りということで、そのようなときにもしっかり勉強をしていることに感心をしました。
本人はそのつもりがないようなのですが、周りからすれば日頃から勉強をしているからこそ、社労士という大変な仕事ができるのだと感じました。

図書館に通うのが趣味の社労士

知り合いの文京区の社労士は図書館に通うのが趣味だと聞いて、さすが士業は違うなと感じました。
自分自身も図書館に通うのは好きでいろいろな本を読んだりしているのですが、このような職業の人が通っていると聞くとしっかり勉強をしているものだと感心してしまったのです。
そのことを本人に伝えると少し困惑した様子で、勉強のために言っているわけではないと答え、勉強もするけれども単純に好きだから言っているということがわかりました。
図書館に通っているという話だけ聞くと、職業と結びつけて勉強のためと思ってしまいがちですが、置いてある雑誌を読んだり、小説を読んだりあるいは気になる作家のエッセイを読んでみたりと、仕事とは全く関係のない本を読むことが多く、息抜きのために訪れているということだったのです。
目的は同じであったとしても職業によって印象が異なってくるというのは、その人のあるいは職業の徳のようなものなのかなと感じました。

静かなところが良い

本を読むだけなら他にも場所がありますし、自分で買っても良いのではと思ったのですが、どうやら図書館の静かな雰囲気が落ち着いて過ごすことができ、良いようでした。
確かにこの感覚はわからないでもなく、静かに過ごすことができる場所というのは、意外に少なかったりするものです。
図書館であれば少なくとも話し声はほとんどすることがありませんし、音がするとしても人の歩く音や勉強をしている人の字を書く音ぐらいです。
全くの無音というのは逆に落ち着かないものですが、図書館ぐらいの適度な音がありつつも騒がしくないという場所は落ち着くことができて良いものです。
最近の図書館は中に喫茶コーナーのようなものがあったりして、疲れたときにはゆっくりコーヒーを飲むことができたりするのも良くて、それも好きだと言っていました。
そのような話を聞いて物静かな雰囲気がありながら人当たりのよい、この社労士の方はまさに図書館にピッタリのイメージだと思いました。

POSレジのメーカーについて図書館で調査してみた

POSレジのメーカーが気になったので図書館で調査をしてみることにしました。
調べて見ると面白いことも見つかって、なかなかこの世界も奥深いという事が分かると共に図書館もまだまだ利用価値が高いという事が実感できました。
とくに細かいデータを見ることが出来るという事が良い所で、ネット検索の様に表面的に調べるのとはまた違った意味で使う事が出来るという事も分かりました。
やはり本格的に調べるのであれば図書館かもしれません。

市場の大きさが気になった

まずはPOSレジの市場の大きさが気になりました。
最近はもうPOSレジは何処でも必須と言ってもいいぐらいの状態になっているので、これがどれぐらいの市場規模なのかというと、調査するところによって様々な結果があるのですが、概略で既に1兆円を超える規模の市場となっているという事が分かりました。
既にこのような規模になっているという事は思いもしていませんでしたから、改めてこの市場が既に大きなものとなっているモノを実感することになったのですが、これからさらに拡大するという事が考えられるので、将来的にはもっと多くの事業が此処で活発に取引されることになると考えられます。
何しろ新しく出来た市場でもありますから、これが拡大するという事は、それだけ新しい産業が拡大しているという事でもあるので、経済の活性化という意味でも大きな意味があるという事にもなるでしょう。
POSレジ自体が経済活動を活発にするという目的でもありますから、この効果は凄いものがあると考えられます。

図書館ならなんでも分かる

図書館を利用していて感じた事として、何でも分かるという事がありました。
これは当たり前のようで実は奥深い事でもあります。
特に経済に関する言葉などは表面的に理解するのと、内容を理解するのとでは大きな違いがあります。
ネット検索では表面的な意味は簡単に分かるのですが、内容を理解するという事には程遠いものがあって、図書館の様に内容を調べるという事が出来ないところがまだまだだと感じました。
今回の市場規模の調査でも具体的な数値が出てくる事によって、その規模を本当に理解することが出来るという事を感じていて、図書館はそういう意味では本当にありがたい存在でもあるという事でした。
特に調べていると、様々な疑問が出てくるのですが、それについてまた深く調べることが出来るという事が面白い所で、自分の場合はまずはネット検索で簡単に調べて、それでは足りないという時にさらに本や資料を探すという事をしたのですが、これが効率的に出来るのが図書館でもありました。

新宿で整体を受けた後に図書館へ

図書館に行く前に、体のことを考えておくと万全の状態で本を読むことができます。
内容を表面的に理解するのではなく、心で共鳴するために新宿の整体で施術を受けてみました。
実際に施術を受けた前と後では、明確な変化を感じることもでき新たな発見もしています。
また、整体は痛いというイメージもありますが、実際には全く違っていたことも驚きです。
整体は、読書が好きな人にとっては欠かすことができないリラクゼーションです。

まずは身体を整える

集中して本を読んでいると、肩こりや頭痛、目の痛みが頻繁に起こります。
読むときには同じ姿勢でいることがとても多いので、どうしても筋肉の硬直が起こりやすいです。
私は、筋肉の疲労を感じたとき頻繁にストレッチを行いますが、軽い運動では疲れを取りきることができません。
また、眼精疲労もとても深刻で困ることが多いです。
細かい字を見つめていると疲労が溜まるので、目薬を差すこともありますが、効果も一時的なだけです。
体調に不安があると頻繁に体勢を変える必要もあるので、どこまで読んだのか忘れてしまうこともあるほどです。
内容に集中するためには、身体を整えることが重要だなと実感しています。
本に夢中になるのではなく時々身体を動かしたり休んだりすることは大切ですが、それだけでは不十分です。
そこで、整体を利用することを思いついたのです。
整体は、身体の筋肉をほぐしてくれる効果があると聞いていたので、一度本格的に通うことにしました。

調子よく読書できました

友人に聞き、評判の良い新宿の整体に通ってみることにしました。
整体といっても、技術力には差があることは知っていたので本当の技術を持っているところに通いたいと思っていたのです。
ちょうど友人が通っている整体は、国家資格を持っている院長が担当してくれるというので通うことにしたわけです。
院長からは、普段の生活や体質のことを詳しく聞かれました。
もちろん、いつも本に夢中であることの話も行ったのですが、肩こりや目の痛みに悩んでいることを言い当てられたのでとても驚きです。
施術を受けてみましたが、不安だった痛みも感じることはありませんでした。
適度な力で揉んでくれたので、逆に気持ち良すぎて眠ってしまったほどです。
帰宅してから早速読書を行いましたが、毎日不快に感じていた肩こりも感じません。
また寝る前に感じやすい目の痛みもなかったので、いつもよりたくさんのページを読むことができ、楽しく読書をすることができました。
いまは満足しています。

おススメHP
新宿の整体・鍼灸の治療院なら「新宿西口治療院」へ
ホームページはこちら:https://www.sn-chiryo.com/